2014年7月4日金曜日

倉山のオカルト麻雀教室~雀鬼流~ 倉山

JMU雀王戦も第13期になりました。 現在のところはさじさんが+9pでダントツトップです。 ついで+5pの菊地会長です。 とはいえ、まだ二節。まだまだここからです!! 今日は自分のスタイルのベースになっている雀鬼流についてご紹介します。 雀鬼流では独特のペナルティがあります。 ・第一打字牌・ドラ切りの禁止 ・ドラの早切り禁止 ・即ひっかけリーチ禁止 ・一手替わり四暗刻はリーチ禁止 ・アガリ牌の見逃し ・聴牌・役の見落とし(手順ミス) ・七対子以外の単騎待ちリーチ禁止 ・地獄待ちリーチ ・裸単騎待ち ・状況判断ミス 手順ミスとは、聴牌に取れるところでミスで聴牌にとらなかったり、一盃口とかに変わる牌を間違えて切る事です。 状況判断ミスは、オーラスの順位の変わらないアガリなとですね。 雀鬼流の根底にあるのは「四人でいい試合を作る」ということです。 親の連荘が続きそうなときは、三人で親を流すために協力したり。みたいなことも結構あるみたいです。 ただ、これはある程度打てる人がやらないと意味がないです。 ペナルティはそれぞれに意味があります。 その意味を理解することで意味があるのだと思います。 しかし、これはあくまで自分のベースでしかないです。 聴牌してなくてもドラきりますし、必要なら第一打に字牌も切ります。 まぁ。何事もほどほどにです。 でも、こういった枷をつけて打つといつもと違う世界が見えてくるかもしれませんね。 倉山

0 件のコメント:

コメントを投稿