2014年6月11日水曜日

低迷期なのか。

皆様こんばんは。菊地です。

さて、今日は低迷っぷりをご紹介します。
書く事で修正に繋げられればな、と。

現在、12戦を闘い、1-3-4-4(1位〜4位)、REALリーグでも現在ラス。

なぜこうなってしまったかなぁ〜と考えるといろいろありますが。

①押し引きのバランスの乱れ
押す所は押す、引く時は引く、基本ですね。
悪い所:リーチが入ると最近即オリ気味、前は少しは粘って、まずい牌を引いてきたら辞める所を、最近はベタオリ気味。

②1巡の牌選択
1巡でころころ変わる麻雀。1巡の牌選択で悪い方へ走る。ダメですね。

③貯める牌
自分のフォームとしてある、字牌の残し。これがある限り聴牌速度は負ける。
森永宣伝部長に「手広くしてみたら?」のご指摘通り、手広く構えるのが良さげか。

④ワンチャンスの逃げ
ワンチャンスの牌でも行かずに止めてしまう。当たり牌だとしても、自分の手格好が良いときは行くべき。

⑤安め和了をもっと工夫
ついてないなぁ、と思う時は一翻下げるべき。でも、もう一翻下げて見るのも手か。
実際、今日2回戦で和了は1回。自摸1300/2600のみ。
1000点の和了を嫌っていないか?自分←

⑥鳴き仕掛け
元々あまり鳴きませんが、鳴く事で向聴数を少なくして、早い和了を目指すか。
ばれる仕掛けでも、打たせないようにすれば良いのだから、聴牌速度を早める方が良いか。

⑦中途半端な打ち込み
要は聴牌の見切りがズレている、だから打ち込む。行くときでもケアして回るか。


まぁ、ざっと7つ並べてみましたが、書いてみてわかることもありますね。
あとは頭のなかで考え、まずは素直な打ち方で残り8戦を無駄の無い闘いにしたいものです。(勝っても負けても)

皆様も不調な時は考えてみてはいかがでしょうか。

私はまず、和了回数を多くしないことにはトップは取れないと思うので、素直な麻雀、どん欲な麻雀、裏切りの麻雀などを駆使して、まず1回1回の牌配と相談していきたいと思います。

それでは、今宵はこのあたりで。失礼します。菊地 秀幸

0 件のコメント:

コメントを投稿