2014年4月23日水曜日

あれも麻雀、これも麻雀。どれが麻雀??全部麻雀。 倉山

今日はなんだかいまいちだった倉山です。

どうにも自分には目先の上りをあってしまう癖があるようです。

はじめたばかりの時はそれでもなんとかなるのですが、
今は「おまえはそんな麻雀打っちゃいかんやろwwww」と牌に言われているような気がします。

自分は麻雀マンガだと、咲とアカギが好きです。
でも、最近は天牌にはまっています。

その中に出てくる黒沢さんという人と赤木しげるの人生は自分の人生理想の生き方です。

そんな黒沢さんの言葉が今日はすごく沁みました。

・麻雀はかならず強い奴がかつゲーム。しかし、勝負の差なんて常に51対49過ぎないってことを忘れるな。

・俺はまだ麻雀の2割もわかっちゃいない。でも、他の奴らが1割もわかってないから、俺は生きていけるんだ。

どちらも、とても大好きな言葉です。
当然、この二つの言葉に対する自分なりの解釈はありますが、まだまだ人間的にも麻雀打ちとしても未熟な私の解釈で、せっかくの名言を濁したくはないので書きません。

それでも、最近は少しは麻雀というものがわかってきたような気がしていましたが、今日の対局でそれがただの驕りどと気が付きました。

ほんと、何回同じミスを繰り返し気でしょうか。

でも、明日の自分が今日の自分に負けるのは絶対に嫌ですから、今日の負けも明日の血肉にしていかなければなりません。


話は変わりますが、天に出てくる赤木しげる(老いた)より、アカギに出てくる赤木しげる(青年)のほうが強いような気がするのは私だけでしょうか。天の赤木には勝てるかもと思いますが、アカギの赤木は勝てる気は全くしません。

赤木は51対49の世界で何を得て、何を失って死に際の打ち方になったのでしょうか。

私は麻雀の打ち方にはその人の生き方が反映されると思っています。

効率を重視して安全な人生を歩むやつ、一発を狙うやつ、相手の人の邪魔に楽しさと見出すやつ。

あれも麻雀、これも麻雀。どれが麻雀??全部麻雀。

赤木しげると黒沢義明の麻雀は本当に魅せられます。
私もそんな麻雀を打ちたいし、人を魅せるような人生を歩みたいと思っています。

俺は今麻雀の何割をわかっているのかな~

そんで、明日は51の日か、49の日か。楽しみですw
でも、最近やっと麻雀で負ける楽しさが分かりました!これは大きな進歩なきがします。

ありがとうございました。
PS.
今日、国士二回上がって、九蓮聴牌しました!(活動外・・・)
たかが、役満ですがあがれるとうれしいですね!阿良々木さんも初役満(国士無双)おめでとうございます!!

明日は千葉大さんと麻雀&会食です。結果については倉山のTwitterにて。

0 件のコメント:

コメントを投稿