2013年12月4日水曜日

喧し騒がし姦しいが基本スタイル by.草島

どうもおばんです!

深夜にテンションが上がると共に風前の灯の如くおかしなことをやり始め、
そのタイトルはちょいとどうなのだろうか?
なんて思いながら投稿している草島です!

久しぶりにやると集中力が半端になったりとグダグダ具合が半端じゃないっすね。

集中力の強化をもう少しすべきなのだろうなと思いつつ、水を打ったような静けさにシーンとしてしまった場は茶化したくなる体質なのでどうしても集中力が散漫になるのが自分の悪い所だと思います。
最近やらせていただいている仕事の性質的には実にベストな状態なのですが、麻雀をやるとなると話は別ですね。

自分の集中力が連続で打つ時にどれくらい続くのか、という集計をちょこっと取ってみたのですが、大体1時間前後と判明。
半荘1回+東風1回くらいが自分のベスト時の持続力だという結果が出ました。
うぅ~む…非常に微妙なラインっすね;;

要するに、黙っていられないのです。
女が三人で姦しいとはよく言ったものだと関心いたします。
問題なのは足りない分の女の成分を自分一人で二つも埋めてしまっている所にあるような…;;
口を縫い付けて黙っていればいいのに、そうすることによってムズムズしてしまうためもう勝手に口が動いてしまうとかなんとか。

もちろん黙っていられない分けではないのですが、厳粛な雰囲気の中で行動しているとどうしても気まずくなるのです。
仲良くなりたいのやら嫌われたいのやら分からんのですが、居酒屋のようにガヤガヤとした明るい所が好きな自分としましてはこのスタイルを変えてしまってはきっと胃に穴が開いてしまうんだろうなぁ…コレばかりはもう数十年で培われてしまった根本的なものだから騙し騙しやるしかあるまい。
じっくり打ちたい人にいつも迷惑をかけているのではないかな、と思いつつ毎回やらせてもらっていたり。

とにかく今後の課題は集中力を如何に持続させるかってことっすね!
眠くなるとどうしようもなくなるのをどうにか――できるといいのですがw

それにしても、最近ガマンしていたのに日記を書こうと思ったらこの長さよ…自重せねば…!
色々未熟モノですが、精進していきたいと思います (´∀`*)

by.技術担当 草島

0 件のコメント:

コメントを投稿